アプリ簡易レビュー

AutoHotkey/FastKeys で日本語入力モードで半角英字を入力。

商品リンクをクリックし通販サイトへ飛ぶ物は 「 広告 」のリンクです。


この記事ではあくまでスクリプトでこういう事ができるであり
実用性が、という話ではありません。

実用性を重視するのであれば 「 おまけ 」 をご覧ください。


はじめに

日本語入力中に A ~ Z 文字を打ちたい場合に
半角/全角キーを押して切り替えるのですが

日本語入力モードで 右CTRLキーを押しつつ A ~ Z を押すと
そのまま小文字の A ~ Z が打てるを AutoHotkey / FastKeys で可能なので
設定ファイル群をおいておきます。

※右CTRLキー + 右SHIFTキーの同時押しつつ A ~ Z を押すと大文字

【 目次へ戻る 】

ダウンロード

AutoHotkey のスクリプトは以下にてダウンロード。
JP_ahk_v100.zip ( 2022/07/04 )
AutoHotkey で日本語入力モードでも英字を打つ

MD5:C8A7C2F8637C9E8E96537F5613B76311

FastKeys の設定の説明ファイルは以下にてダウンロード。
FastKeys_JP_v100.zip ( 2022/07/04 )
FastKeys で日本語入力モードでも英字を打つ

MD5:836129BC28EF8DB4BAED97C57BE6FAE8

共に IME.ahk が必要です、入手先
GitHub - karakaram/alt-ime-ahk ( IME.ahk )

AutoHotkey は
\AutoHotkey\Lib\IME.ahk として設置して下さい。

FastKeys は
\FastKeys\Lib\IME.ahk として設置して下さい。

【 目次へ戻る 】

AutoHotkey の使用方法

AutoHotkey を入手して
インストールしてある前提になります。

Download AutoHotkey.zip の箇所からファイル群をダウンロードして
どこにでもいいので解凍。

Installer.ahk を AutoHotkeyA32.exe へドラッグする事でインストールが可能です。
( 海外のファイル名やスクリプトを使用する場合は AutoHotkeyU32.exe )

JP_ahk.ahk を実行するだけで完了です。

日本語入力モードにして ひらがな が打てる状態にし
CTRLキーを押しながら A ~ Z キーを押すと小文字の英字になります。
CTRLキー + SHIFTキー で大文字の英字になります。

すぐ下の FastKeys の使用方法 の動画で
00:04:26 からが同じ挙動です。

※2022/07/05 追記
使用するアプリを設定する場合は

#InstallKeybdHook
#UseHook

これらの行の下に以下の #If を挿入し
( notepad.exe = メモ帳 / Hidemaru.exe = 秀丸エディタ のみ使用する )

#If, WinActive("ahk_exe notepad.exe") || WinActive("ahk_exe Hidemaru.exe")

最後尾に

#If

これを挿入してください。

【 目次へ戻る 】

FastKeys の使用方法

FastKeys は有料アプリです、無料体験期間あり。
FastKeys Automation Software

設定の詳細は動画にて。



トライアル版 ( 体験版 ) で設定し、遊んでいたら出来ました。
不具合などの改良は出来ないので ( 無料体験期間が終了するから )
この設定をするのであればご理解のほど、ご使用下さい。

【 目次へ戻る 】

IME.ahk の作り方

IME.ahk は現在自分で保存するようなので、作り方。

以下へ飛びます。
GitHub - karakaram/alt-ime-ahk ( IME.ahk )

この類で並んでいると思うので、一番上の IME.ahk を左クリック。

IME.ahk
README.md
alt-ime-ahk.ahk

エディタの様に 1からズラーッと並んでいる部分を
メモ帳で開いて貼り付けます。

CTRL + Aキー で全選択すると、余計な文字が上下に入るので注意。
最後尾の } なども削れやすいので注意。

保存は名前を IME.ahk としまして
ファイルの種類を すべてのファイル にて、これは必ず。
拡張子が ahk になっています。

IME_ahk_20220704_0001.jpg

AutoHotkey をインストールしていれば、以下のアイコンになります。
これがメモ帳などの外見なアイコンになっていると
拡張子が txt となっており、やり直して下さい。

IME_ahk_20220704_0002.jpg

【 目次へ戻る 】

注意

*** ご注意 ***

ブログに書いてあることや
ブログで配布している設定ファイルを使用する場合は
自己責任にてお願いいたします。

このブログの管理者 気ままさん は
ブログに書いてあること、ブログで配布している
設定ファイルを使用して発生した
すべての事柄において責任を負いません。

これに同意をいただけない方へのご使用は許可いたしかねます。

【 目次へ戻る 】

Capslock を F10 と入れ替えればこのスクリプトは不要

実はこの様な方法をとらなくても
CapsLock を使用していないのであれば F10 キーへ登録すればよい。

以下の記事を参考にして CapsLock → F10 に変更してパソコンを再起動。
Win10 KeySwapで任意のキーを別のキーに変更 ( CapsLock 無効 )

こうして日本語を打っていて、 てst ( test ) と打ち、
CapsLock ( F10 ) キーで変換すると test になる。
TEST と大文字なら Shift キーを押しながら てst ( TEST ) と打つ。

かな入力とローマ字入力、Microsoft IME と ATOK で確認済みなので
よろしければ、「 早く言ってよう! 」 とのお話であればお詫び申し上げます。

以上。

おすすめリンク

Amazon / 楽天市場 / Yahoo! でお買い物をする。

関連リンク

AutoHotkey
FastKeys Automation Software
Win10 KeySwapで任意のキーを別のキーに変更 ( CapsLock 無効 )
関連記事

コメント

コメントがありません。

トラックバック