気ままの簡易レビュー

[ トップページへ ]



自分が実際触って判断した Win /アプリの設定、商品の簡易レビューがメイン。
2022年3月より執筆のご依頼は諸事情によりお断りさせて頂いております。



0

XYplorer のスクリプトで2つのフォルダの同期をする/スクリプトの関連付け方法

商品リンクをクリックし通販サイトへ飛ぶ物は 「 広告 」のリンクです。
記事の執筆に AI な類は使用しておりません。



はじめに

Windows で2つのフォルダの同期をする場合に
何かいいアプリがないかな?と探していて
XYplorer というファイラーで可能らしいので興味本位で試してみた。

XYplorer の Free版ではできなく
XYplorer の 有料版、もしくは有料版の使用期間 ( 30日 ) で
動作を確認できます。

【 目次へ戻る 】

スクリプトで同期する

XYplorer での同期コマンドは sync です。
ヘルプファイルに sync で検索すると出ますが
( XYplorer をアクティブにして F1キー )

わかりやすく書くとこのように。
数値は説明の数値になっております。

sync "コピー元", "コピー先", 2, 3, 4, 5, 6, 7

コピー元とコピー先は前後を "" で囲って下さい
区切りは , 「 ね 」のキー、 「 る 」の . ではありません
フォルダを指定して最後尾に \ を追加
コピー元 r:\001\ のデータを コピー先 r:\999\ へ同期
順序を間違えないように

2:0 = コピーしない ( テスト ) / 1 = コピーする

3:-1 = コピーの確認 / 0 = 上書き / 1 = サイズ・日付が異なる場合上書き
  2 = 書き換え / 3 = スキップ / 4 = ハッシュ比較で異なるならコピー

4:0 = 削除しない / 1 = 削除する / 2 = ゴミ箱へ / 4 = 削除前に確認
  1+4 / もしくは 5 の合計指定で削除する前に確認という事も可能

5:c = 開始ダイアログを表示 / k = 終了後にダイアログを閉じない
  n = 同期フォルダを自動作成 / p = プレビューモード
  r = コピー元、コピー先を逆にする

6:ログファイルの指定

7:フィルター、作業ファイルや除外を指定

-----

例としましては
同期をするコピー元に C:\in\
同期をするコピー先に C:\out\
コピーして = 1
サイズ・日付が異なる場合上書きして = 1
同期するコピー元とコピー先を比較してファイルがない場合は削除 = 1
開始ダイアログを表示 = c
ログファイル指定 = <xydata>\Log\<date yyyymmdd>.txt
XYplorer の存在するフォルダに Log フォルダを作成し時間のファイル名
*.bak を除外 / *.zip ファルのみ同期指定、区切りは | で行う

sync "C:\in", "C:\out\", 1, 1, 1, "c", "<xydata>\Log\<date yyyymmdd>.txt", "-*.bak|*.zip";

除外は -*.bak
ファイル指定は *.zip
両方使用する場合は | でつなげる、"-*.bak|*.zip"
片方だけなら "-*.bak"
指定フォルダのファイルを使用で除外は "-C:\in\test\*.bak"

-----

ログファイル類が不要で途中を飛ばす場合、直接指定
7番の *.bak を除外 / *.zip ファルのみ同期指定 をする場合、番号指定で 7:=

sync "C:\in", "C:\out\", 1, 1, 1, "c", 7:="-*.bak|*.zip";

-----

除外指定をしない場合、一番シンプル、確認なしで即実行
同期なので指定を間違えると C:\out\ の方が消えます

sync "C:\in", "C:\out\", 1, 1, 1;

-----

同期の終了と共に XYplorer を閉じる場合は
exit "n"; を使う。

命令の最後尾に付加する。
sync "C:\in", "C:\out\", 1, 1, 1, "c", 7:="-*.bak|*.zip";exit "n";

以下の様に2行へしてしまうと駄目。
バッチファイル類を使用している人は2行で書くのが普通となっていますが
何気に落とし穴なので注意。

sync "C:\in", "C:\out\", 1, 1, 1, 7:="-*.bak|*.zip";
exit "n";

【 目次へ戻る 】

スクリプトの実行 メニュー

日本語化していれば XYplorer のメニューより
スクリプト → スクリプトの実行で上のコマンドを貼り付けて実行。

ただ、この方法ですと面倒なのでバッチファイルや関連付けで呼び出す方法が
自然ですし利便性は高い。

【 目次へ戻る 】

スクリプトの実行 関連付け

メモ帳で上の スクリプトで同期する の文字列を
書き込んで保存しておきファイルをダブルクリックで実行がお手軽。

レジストリがわかる人なら以下で。
書き換え箇所は最後尾の2つです、XYplorer.exe の位置を自分の環境に。
上がスクリプトに必要、下が関連付けされる拡張子 .xys のアイコンです。

@="\"D:\\xyplorer\\XYplorer.exe\" /script=\"::load '%1';\" /flg=2"
@="\"D:\\xyplorer\\XYplorer.exe\",1"

D:\xyplorer\ にある XYplorer.exe を呼び出すの意味です。
フォルダの区切りである \ は \\ と2つにして下さい。

注意として D:\ の前にある @="\" や XYplorer.exe\" の
後ろにある記号 \" を
誤字では?と考え消さないで下さい、必要です。

-----

Windows Registry Editor Version 5.00

[-HKEY_CLASSES_ROOT\xys_auto_file]

[HKEY_CLASSES_ROOT\.xys]
@="XYplorer.xys"

[HKEY_CLASSES_ROOT\XYplorer.xys]
@="XYplorer script"

[HKEY_CLASSES_ROOT\XYplorer.xys\shell]
@=""

[HKEY_CLASSES_ROOT\XYplorer.xys\shell\open]
@=""

[HKEY_CLASSES_ROOT\XYplorer.xys\shell\open\command]
@="\"D:\\xyplorer\\XYplorer.exe\" /script=\"::load '%1';\" /flg=2"

[HKEY_CLASSES_ROOT\XYplorer.xys\DefaultIcon]
@="\"D:\\xyplorer\\XYplorer.exe\",1"

-----

スクリプトの拡張子は .xys です。

一応上のファイルをファイルにしたものを用意しました。
簡単な見本のスクリプトを入れておきましたので宜しければどうぞ。

XYplorer_sync v1.00 ( 2023/02/21 )
XYplorer有料/体験版で使える同期スクリプトと関連付け

MD5:B534844281B195335C7350FB75E14EAC

拡張子xys関連付け.reg をメモ帳で自分の環境へ書き換え
ダブルクリック実行。

エクスプローラーを再起動するかパソコンの再起動で
関連付けした .xys ファイルのアイコンが
指定した XYplorer のアイコンになります。

付属しているスクリプトを実行して起動しない場合は
XYplorer の指定が間違っていると思われます。
なお、スクリプトも自分の環境に書き換えて使用して下さい。

-----

有志の皆様が集まり公開されているページで観覧したのですが
URL を保存し忘れてしまい、元ネタページを貼ることができません。
見つけたら追記しておきますのでご容赦下さい。

-----

■ご注意

ブログに書いてあることや
ブログで配布しているレジストリファイル、スクリプトを使用する場合は
自己責任にてお願いいたします。

このブログの管理者 気ままさん は
ブログに書いてあること、ブログで配布している
レジストリファイル、スクリプトを使用して発生した
すべての事柄において責任を負いません。

これに同意をいただけない方へのご使用は許可いたしかねます。

-----

とまあ、こんな感じで XYplorer の
スクリプトによるファイル同期でした。

XYplorer Free を使用していて
気に入ったら有料な機能のこの様な部類も出来るよというお話でした。
有料の方の体験版でも動くので購入のご判断にご使用下さい。

それでは、皆様のファイル同期がはかどりますようにと
お祈りいたしまして、これにて終了です。
以上。

おすすめリンク/関連記事

Amazon / 楽天市場 / Yahoo! でお買い物をする。

関連リンク

XYplorer Free 日本語化方法と文字/背景色などの設定
関連記事

コメント

非公開コメント

検索フォーム

RSS , SNS , サイトマップ

最新記事

エディタで左クリック長押しで離すと CTRL+Cキー を押す AutoHotkey v1 スクリプト Apr 20, 2024
Vivaldi で文字入力にフォーカスがなくても日本語入力を切り替える AutoHotkey v1 スクリプト Apr 02, 2024
特定の外付けドライブが接続されているかを知りバッチファイルを一時待機させる Autoit スクリプト Mar 20, 2024
2024/03 Vivaldi v6.2 ~ V6.6 で設定した事のまとめ/余分な機能の停止など Mar 05, 2024
クリップボード内の文字URLで不要な?や#以降を除去する AutoHotkey v1 スクリプト Mar 01, 2024
指定したアプリを呼び出す場合に一時待機させ ESCキー で実行する Autoit スクリプト Feb 27, 2024

バナー1

月別アーカイブ スクロール

全ての記事を表示する

2024年04月 (2)

2024年03月 (3)

2024年02月 (4)

2024年01月 (4)

2023年12月 (2)

2023年11月 (4)

2023年10月 (1)

2023年09月 (1)

2023年08月 (6)

2023年07月 (4)

2023年06月 (5)

2023年05月 (6)

2023年04月 (3)

2023年03月 (4)

2023年02月 (8)

2023年01月 (13)

2022年12月 (4)

2022年11月 (5)

2022年10月 (5)

2022年09月 (4)

2022年08月 (5)

2022年07月 (2)

2022年06月 (8)

2022年05月 (5)

2022年04月 (8)

2022年03月 (6)

2022年02月 (2)

2022年01月 (6)

2021年12月 (2)

2021年11月 (7)

2021年10月 (5)

2021年09月 (4)

2021年08月 (3)

2021年07月 (9)

2021年06月 (6)

2021年05月 (10)

2021年04月 (7)

2021年03月 (10)

2021年02月 (6)

2021年01月 (6)

2020年12月 (5)

2020年11月 (7)

2020年10月 (7)

2020年09月 (6)

2020年08月 (10)

2020年07月 (9)

2020年06月 (7)

2020年05月 (8)

2020年04月 (4)

2020年03月 (5)

2020年02月 (7)

2020年01月 (5)

2019年08月 (4)

2019年07月 (14)

2019年06月 (14)

2019年05月 (17)

2019年04月 (14)

2019年03月 (5)

2018年02月 (1)

2017年08月 (1)

2017年06月 (1)

2017年05月 (1)

2017年03月 (4)

2017年01月 (2)

2016年12月 (4)

2016年11月 (2)

2016年10月 (2)

2016年09月 (2)

2016年08月 (2)

2016年07月 (3)

2016年06月 (3)

2016年05月 (2)

2016年04月 (5)

2016年03月 (9)

2016年02月 (6)

2016年01月 (5)

2015年12月 (8)

2015年11月 (4)

2015年10月 (11)

2015年09月 (6)

2014年03月 (18)

2014年02月 (28)

2014年01月 (31)

2013年12月 (31)

2013年11月 (19)

2013年10月 (17)

2013年09月 (9)

2013年08月 (10)

2013年07月 (12)

2013年06月 (10)

2013年05月 (22)

2013年04月 (3)

2011年03月 (1)

2011年02月 (2)

2010年11月 (1)

2010年09月 (1)

2010年08月 (1)

2010年07月 (9)

2010年06月 (6)

2010年05月 (19)

2010年04月 (23)

2010年03月 (28)

2010年02月 (23)

2010年01月 (17)

2009年12月 (19)

2009年11月 (25)

2009年10月 (28)

2009年09月 (28)

2009年08月 (20)

2009年07月 (19)

2009年06月 (20)

2009年05月 (16)

2009年04月 (18)

2009年03月 (15)

2009年02月 (14)

2009年01月 (7)

2008年12月 (3)

2008年11月 (5)

2008年10月 (4)

2008年09月 (4)

2008年08月 (3)

2008年07月 (3)

2008年06月 (4)

2008年05月 (2)

2008年04月 (1)

2008年01月 (1)

2007年12月 (1)

2007年11月 (3)

2007年09月 (2)

2007年07月 (1)

2007年02月 (1)

2006年11月 (1)

2006年09月 (1)

2006年08月 (1)

2006年07月 (5)

バナー2

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
コンピュータ
35位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ソフトウェア
4位
サブジャンルランキングを見る>>

バナー3




プライバシーポリシー

詳しくは以下へ。
プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここを参照するか ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

気ままの簡易レビューは amazon.co.jp を宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを 目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである Amazonアソシエイト・プログラム の参加者です。

メールフォームにて入力する情報は誰がどのお問い合わせかを確実に把握するために使用いたします。 それ以外に情報を使用することはありません。

当サイトで紹介されている商品やアプリは出来るだけ客観的に記載しておりますが人により感じ方は違いますので記事とは違って感じるはあり得ます、ご了承ください。

当サイトで紹介しているアプリ ( 私の自作も含みます ) の使用やアプリの設定類は自己責任にて行ってください。 アプリ自体の仕様変更などの類により不具合が生じる場合があります。 あくまで設定の見本でありご注意ください。

当サイトはリンクフリーです、悪意の用途でない限りはご自由に。

プロフィール

・このブログの管理者:気ままさん
・性別:男
・年齢:40代
・性格:プログラミング的思考
    スキゾイド傾向
    去る者は追わず、来る者は拒まず

・趣味:読書、ブログ ( 情報の In / Out )
    プログラミング ( 素人 / 独学 )
    パソコンを少しでも快適に設定する

・一言:
ご観覧ありがとうございます。
自分が確認したパソコンの設定や
作ったプログラムなどを置いてあるサイトです。
需要のある/なしは考えず、書いておけば
何かの役に立つかもがモットー。

自分用のメモとして出来るだけわかりやすく
書いておりますが、あくまで自分目線なので
至らない箇所があります。

記事は全て私がキーボードで打っており
AIの類は一切使用しておりません。