気ままの簡易レビュー

[ トップページへ ]



自分が実際触って判断した Win /アプリの設定、商品の簡易レビューがメイン。
2022年3月より執筆のご依頼は諸事情によりお断りさせて頂いております。



0

マウスホイールで X ( Twitter ) の Post ( ツイート ) を選択し簡単ミュートする/MouseGestureL.ahk

商品リンクをクリックし通販サイトへ飛ぶ物は 「 広告 」のリンクです。
記事の執筆に AI な類は使用しておりません。



はじめに

パソコンで X ( 旧:Twitter ) を観覧しミュートをする時に
「 … 」 からミュートをするのはダルい。

X にはショートカットキーがあり J・Kキーで進む・戻るが可能。
ミュートは Uキー ( ユー、ブイではない ) 。

なのですがマウスのホイールでスクロールすると
読んでいるツイートがアクティブにならない。
アクティブにならないと読んでいるものがミュートできない。
アクティブにするにはツイートをクリックしなくてはならない。

アクティブとは以下の画像でいう赤枠内の 「 青い枠 」 です。
この青い枠がある箇所を Uキー を押すとミュートできます。
Jキー を押すと青枠が下のツイートへ移動する。

MouseGestureL_20231128_0001.jpg

そこで X のメニュー、左部分でマウスホイールを上下したら
キーボードの J・Kキーで Post ( ツイート ) の
進む・戻るを実現すればアクティブが取れるので
あとは自分で Uキー のミュートを押せばという。

マウスホイール上下の部分を MouseGestureL.ahk で
実現しようです。

*** ご注意 ***

ブログに書いてあることを行う場合は自己責任にてお願いいたします。
このブログの管理者 気ままさん は
ブログに書いてあることを実行して発生した
すべての事柄において責任を負いません。
これに同意をいただけない方へのご使用は許可いたしかねます。

【 目次へ戻る 】

MouseGestureL.ahk の導入

以下の設定はマウスジェスチャーの
MouseGestureL.ahk が必要なので入手します。

MouseGestureL.ahk

解凍して Setup.vbs を1回だけ実行、vbs てスクリプトじゃん?
という危機感がありますが簡単説明だと
MouseGestureL を使えるようにするだけなので。

その後は MouseGestureL.ahk.exe で起動します。
トレイアイコンにアイコンが出れば成功、以降は使えます。
常駐していないと使えないので
パソコン起動時に自動で実行するなら以下を設定。

トレイアイコンをダブルクリックで
設定が出ますので

1.その他 タブを選択
2.スタートアップに登録 でパソコン起動時に実行が可能

MouseGestureL_20231128_0014.jpg

パソコンにより、モニタ関連でフリーズする場合がありまして
MouseGestureL.ahk を入れてからフリーズ連発する場合は

1.認識設定 タブを選択
2.ディスプレイごとに領域を分断する にチェック
3.OKで設定反映

MouseGestureL_20231128_0015.jpg

【 目次へ戻る 】

マウスホイールを取得するの設定

MouseGestureL.ahk は初期設定で
マウスのホイールの回転を取得しないようになっており
取得するように設定をいたします。

トレイアイコンをダブルクリックで設定を呼び出します。

マウスホイールの 「 上回転 」 の設定方法。
1.ジャスチャー タブを選択
2.+ボタン を押すことで設定を追加
3.ここに新しく作成されるので選択
4.任意の名前、ここでは WU_↑ を書き込む
5.変更 ボタンで名前の確定
6.上回転を登録するので ホイール上回転 をダブルクリック
7.WU_ となるので確認
  WU_WU_ となってしまったら右の×で消す
8.追加 ボタンで登録
9.ここに追加されます

1~9が終了したら2~9までの同じ動作として
ホイール下回転で登録します。
4.は WU_↓ として
6.は下回転を登録するので ホイール下回転 をダブルクリック

MouseGestureL_20231128_0002.jpg

両方登録したらこの様になります。
WU_↑、WU_↓の2つがあるで正常です。

MouseGestureL_20231128_0003.jpg

【 目次へ戻る 】

設定

X ( 旧:Twitter ) にて左端のメニュー周辺で
マウスをホイール回転をすると J・Kキーで Post ( ツイート ) の
進む・戻るを設定します。

以下は Vivaldi の設定例ですが、アプリ名や設定ウィンドウ名が
違うだけで、同じ順序でやれば動くはずです。

通常はもう設定があるはずなのでサブターゲットを作成し
そちらへ追加します、設定は個々で違うので
動かないは調節してください。

X ( 旧:Twitter ) をブラウザで開いておいてください。
設定方法、設定を開きます。

※MouseGestureL.ahk を初めて導入したなどはここを設定 ( 1/2 )
 設定するブラウザの設定が既にあるならここは不要
1.ターゲットタブ を選択します
2.何もない箇所で右クリック
3.新規ターゲット を選択

MouseGestureL_20231128_0004.jpg

※MouseGestureL.ahk を初めて導入したなどはここを設定 ( 2/2 )
 設定するブラウザの設定が既にあるならここは不要
1.新しく作成したターゲットを選択
2.ブラウザ名を入力 ( 任意の名前 ) ここでは Vivaldi
3.変更 ボタンで名前を確定
4.種別:実行ファイル名 を選択
5.入力補助 ボタンを選択してから
  X ( 旧:Twitter ) を開いているブラウザを右クリックで
  ブラウザの名前が入ります
6.5.で取得したブラウザ名を確認
7.判定方法:完全一致 を選択
8.大抵は どれかに一致 でいいと思いますが
  支障があるなら各自で変更してください
9.追加 ボタンで追加します
10.追加したものが格納されます
  間違えたら選択して右にある ×ボタン で消えます

MouseGestureL_20231128_0007.jpg

1.Vivaldi を再度選択します
2.サブターゲットを追加 を選択

MouseGestureL_20231128_0006.jpg

以下はどのページで動作させるかの指定です。
1.作成した サブターゲット を選択
2.任意の名前 を入力、ここでは X ( Twitter )
3.変更 ボタンで名前を確定
4.種別:タイトル
5.入力補助 ボタンを押し X ( Twitter ) の
  開いているページ上で右クリックする
6.5.で取得したページの名前が入るので
  / Twitter ~ より前を消す
7.判定方法:後方一致 に指定、6.で前を削ったので後方で
  動作させるページを判定するの意味です
8.複数の条件で一致させるので 全てに一致 を選択
9.追加 ボタンで設定を追加
10.ここに追加されます

MouseGestureL_20231128_0017.jpg

以下は指定したブラウザのどこでマウスホイールをしたら
動作させるかの指定です。

ブラウザで X ( Twitter ) を開き作業できるようにしておく。
1.種別:カスタム条件式 を選択
2.入力補助 ボタンを選択
3.矩形領域判定 を選択
4.ウィンドウ相対座標 を選択
  これを操作するとマウスの左クリックで範囲を
  選択するモードになるので ALT を押しながら
  TAB キーを何回も押すことで ( 選択するまで ALT は押している )
  ウィンドウを切り替えます、ブラウザを最前列へ持ってきます

※指定したアプリの開いている座標を指定するので
 ウィンドウを使用します、スクリーンだと
 設定したアプリの座標を移動してしまうと位置が狂うので
 必ず ウィンドウ相対座標 を選択して下さい

MouseGestureL_20231128_0008.jpg

ALTキーを押しつつTABキーを何度か押しで
ウィンドウを切り替えられるので
ブラウザの X ( Twitter ) を最前列にし、
マウスホイールの上下回転で~させるの範囲座標を
左クリックしながらドラッグします、この例では左のメニュー部分。

1.からドラッグの開始
2.でドラッグを離します

以下の3.~6.の数値で、画像の 青い範囲 が増減しますので
数値を調節して下さい。

7.上から以下を選択
  対象:ターゲットウィンドウ内の相対座標
  基準コーナー:左上
  判定座標:ジェスチャー開始座標

設定をしたら OK で閉じます。
このウィンドウはたまに下へ隠れる場合がありますので
注意といいますか、手前に持ってきて下さい。

MouseGestureL_20231128_0009.jpg

1.先ほど設定した数値が自動で入るので、特に触らない
2.全てに一致 を選択
3.追加 ボタンを押す
4.追加したものが表示されます

MouseGestureL_20231128_0010.jpg

マウスホイールの上回転をしたら~をするの設定をします。
1.先ほど作った設定 X ( Twitter ) を選択
2.メインタブ を選択
3.ジャスチャーを追加 を選択
4.マウスホイールを取得するの設定 で設定した
  マウスホイール上の設定を選択、この記事では WU_↑

MouseGestureL_20231128_0011.jpg

1. 上で作成した設定を選択
2.何をやるかを貼り付ける、この記事では以下

;ここから -----
;Twitterで K ( ホイール UP回転時に ) を押す
Suspend, ON
sleep, 50

;kを押す
Send, k
Suspend, OFF
;ここまで -----

先頭に ; が入っている列は無効です。
画像では色々と書いてしまいましたが上のみで平気です。
画像の方はページの余白をクリックしてマウス移動して~で
テストしましたが利便性が悪いのでシンプルになりました。

3.アクションを適用 ボタンで反映

MouseGestureL_20231128_0012.jpg

同じ要領で今度はマウスホイール下回転を作成して
押すキーを Jキー にします。
WU_↓ に以下を設定という具合です。

;ここから -----
;Twitterで J ( ホイール Down回転時に ) を押す
Suspend, ON
sleep, 50

;Jを押す
Send, j
Suspend, OFF
;ここまで -----

設定をしたら右下の OK を押して設定画面を閉じます。

MouseGestureL_20231128_0013.jpg

X ( Twitter ) 画面でページ内をクリックしてから
画面左部分の設定した範囲でマウスホイール、上下回転をすると
1.の部分の青枠が移動して、Post ( ツイート ) が
アクティブになっているので

この状態で Uキー ( ユーです、ブイではありません ) を押すと
その Post ( ツイート ) がミュートされます。
右上の 「 … 」 からミュートした時は欄が閉じますが
これは閉じないので1度やれば追加されています。
間違えたらもう一度選択するとミュートが解除されます。

MouseGestureL_20231128_0001.jpg

これでマウスホイール回転と Uキー で
ミュートがポンポンと素早く指定可能です。

注意点は Post ( ツイート ) 画面にフォーカスがないと
キーボードショートカットが動かないこと。
検索欄やURL欄にフォーカスがあったら動かないの意味です。
画面上で空白部分をクリックしてからキーを押せばいいのですが
誤爆があったのでシンプルな設定です。
やろうと思えばやれます、誤爆対処が面倒で私は嫌ですけれど。

-----

とまあ、こんな感じで X ( 旧:Twitter ) で
マウスホイールでキーボードショートカットを操作し
ミュートを簡単にしようでした。

ちなみにブロックも同じ要領で可能ですが
ブロックを多くするとアカウントが凍結するという話があり
( この記事の設定を使うから凍結するではありません )
ミュートを使った方がいいです。

結構大量にミュートしていますが今のところ私は
大丈夫なので、ミュートはOK ( 2023/11/29 時点でのお話 )

以上。

おすすめリンク/関連記事

Amazon / 楽天市場 / Yahoo! でお買い物をする。

関連リンク

MouseGestureL.ahk
MouseGestureL.ahk | Page 1 | 気ままの簡易レビュー
2023/09 Vivaldi v6.2 ~ V6.5 で設定した事のまとめ/余分な機能の停止など
関連記事

コメント

非公開コメント

検索フォーム

RSS , SNS , サイトマップ

最新記事

指定したアプリを呼び出す場合に一時待機させ ESCキー で実行する Autoit スクリプト Feb 27, 2024
Vivaldi の設定画面から Cookie を削除する AutoHotkey v1 スクリプトの見本 Feb 17, 2024
Vivaldi で Cloud Flare の CAPTCHA から進めない/AutoplayStopper 使用時/タイッツー Feb 15, 2024
Bluesky/ブルースカイの背景色を灰色 ( グレー ) にする CSS / Stylusアドオン使用 Feb 07, 2024
JPEGView Portable 観覧中の画像を任意のフォルダへ移動する Autoit スクリプト Jan 26, 2024
Win11 画面のキャプチャーを昔の挙動へ戻す方法/該当レジストリ位置も Jan 13, 2024

バナー1

月別アーカイブ スクロール

全ての記事を表示する

2024年02月 (4)

2024年01月 (4)

2023年12月 (2)

2023年11月 (4)

2023年10月 (1)

2023年09月 (2)

2023年08月 (6)

2023年07月 (4)

2023年06月 (5)

2023年05月 (6)

2023年04月 (3)

2023年03月 (4)

2023年02月 (8)

2023年01月 (13)

2022年12月 (4)

2022年11月 (5)

2022年10月 (5)

2022年09月 (4)

2022年08月 (5)

2022年07月 (2)

2022年06月 (8)

2022年05月 (5)

2022年04月 (8)

2022年03月 (6)

2022年02月 (2)

2022年01月 (6)

2021年12月 (2)

2021年11月 (7)

2021年10月 (5)

2021年09月 (4)

2021年08月 (3)

2021年07月 (9)

2021年06月 (6)

2021年05月 (10)

2021年04月 (7)

2021年03月 (10)

2021年02月 (6)

2021年01月 (6)

2020年12月 (5)

2020年11月 (7)

2020年10月 (7)

2020年09月 (6)

2020年08月 (10)

2020年07月 (9)

2020年06月 (7)

2020年05月 (8)

2020年04月 (4)

2020年03月 (5)

2020年02月 (7)

2020年01月 (5)

2019年08月 (4)

2019年07月 (14)

2019年06月 (14)

2019年05月 (17)

2019年04月 (14)

2019年03月 (5)

2018年02月 (1)

2017年08月 (1)

2017年06月 (1)

2017年05月 (1)

2017年03月 (4)

2017年01月 (2)

2016年12月 (4)

2016年11月 (2)

2016年10月 (2)

2016年09月 (2)

2016年08月 (2)

2016年07月 (3)

2016年06月 (3)

2016年05月 (2)

2016年04月 (5)

2016年03月 (9)

2016年02月 (6)

2016年01月 (5)

2015年12月 (8)

2015年11月 (4)

2015年10月 (11)

2015年09月 (6)

2014年03月 (18)

2014年02月 (28)

2014年01月 (31)

2013年12月 (31)

2013年11月 (19)

2013年10月 (17)

2013年09月 (9)

2013年08月 (10)

2013年07月 (12)

2013年06月 (10)

2013年05月 (22)

2013年04月 (3)

2011年03月 (1)

2011年02月 (2)

2010年11月 (1)

2010年09月 (1)

2010年08月 (1)

2010年07月 (9)

2010年06月 (6)

2010年05月 (19)

2010年04月 (23)

2010年03月 (28)

2010年02月 (23)

2010年01月 (17)

2009年12月 (19)

2009年11月 (25)

2009年10月 (28)

2009年09月 (28)

2009年08月 (20)

2009年07月 (19)

2009年06月 (20)

2009年05月 (16)

2009年04月 (18)

2009年03月 (15)

2009年02月 (14)

2009年01月 (7)

2008年12月 (3)

2008年11月 (5)

2008年10月 (4)

2008年09月 (4)

2008年08月 (3)

2008年07月 (3)

2008年06月 (4)

2008年05月 (2)

2008年04月 (1)

2008年01月 (1)

2007年12月 (1)

2007年11月 (3)

2007年09月 (2)

2007年07月 (1)

2007年02月 (1)

2006年11月 (1)

2006年09月 (1)

2006年08月 (1)

2006年07月 (5)

バナー2

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
コンピュータ
34位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ソフトウェア
3位
サブジャンルランキングを見る>>

バナー3




プライバシーポリシー

詳しくは以下へ。
プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここを参照するか ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

気ままの簡易レビューは amazon.co.jp を宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを 目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである Amazonアソシエイト・プログラム の参加者です。

メールフォームにて入力する情報は誰がどのお問い合わせかを確実に把握するために使用いたします。 それ以外に情報を使用することはありません。

当サイトで紹介されている商品やアプリは出来るだけ客観的に記載しておりますが人により感じ方は違いますので記事とは違って感じるはあり得ます、ご了承ください。

当サイトで紹介しているアプリ ( 私の自作も含みます ) の使用やアプリの設定類は自己責任にて行ってください。 アプリ自体の仕様変更などの類により不具合が生じる場合があります。 あくまで設定の見本でありご注意ください。

当サイトはリンクフリーです、悪意の用途でない限りはご自由に。

プロフィール

・このブログの管理者:気ままさん
・性別:男
・年齢:40代
・性格:プログラミング的思考
    スキゾイド傾向
    去る者は追わず、来る者は拒まず

・趣味:読書、ブログ ( 情報の In / Out )
    プログラミング ( 素人 / 独学 )
    パソコンを少しでも快適に設定する

・一言:
ご観覧ありがとうございます。
自分が確認したパソコンの設定や
作ったプログラムなどを置いてあるサイトです。
需要のある/なしは考えず、書いておけば
何かの役に立つかもがモットー。

自分用のメモとして出来るだけわかりやすく
書いておりますが、あくまで自分目線なので
至らない箇所があります。

記事は全て私がキーボードで打っており
AIの類は一切使用しておりません。