気ままの簡易レビュー

[ トップページへ ]



自分が実際触って判断した Win /アプリの設定、商品の簡易レビューがメイン。



0

KeePass の日本語化と設定方法、低スペックPCにオススメ ( パスワード管理 )

商品リンクをクリックし通販サイトへ飛ぶ物は 「 広告 」のリンクです。





はじめに

皆様は、普段使用しているパスワードの管理は
どうしていますか?

私は Windows で使用するので Windows で使用できる
パスワード管理ソフト的なものを使用しています。

今回は KeePass というパスワードの管理アプリの
日本語化と最低限の使用方法を。

【 目次へ戻る 】

KeePass Portable のダウンロード

早速 KeePass のダウンロードをします。

Downloads - KeePass

以下より KeePass 2.XX ( XX はバージョンです ) の
Download Now という場所からダウンロード可能です。

インストーラー版とポータブル版 ( Portable ) がありますが
ポータブル版は解凍するだけの簡単仕様なので
私はこちらをオススメ。
この記事の内容は全てポータブル版の説明になります。

ダウンロードをしたら適当なフォルダに解凍して
準備は完了です。

【 目次へ戻る 】

初回起動の自動更新設定

ここからは設定です。
KeePass.exe を実行すると、この画面。

KeePass_20200822_0001.jpg

アプリの更新を自動で行いますか?の意味で

は い → Enable
いいえ → Disable

正直、パスワード管理系の自動更新は
例え100%安心です!と言われても、気分はよくないので

いいえ → Disable が私はオススメ。

【 目次へ戻る 】

KeePassの日本語化方法

KeePassの日本語化方法です。

日本語化は正規サイトにて配布されているので
自分で入手してきて解凍し
指定場所にコピー、アプリで読み込むの流れ。

以下から Japanese を探して、
v2.XX のバージョンなら v2.XX のファイルをダウンロードします。

Translations - KeePass

解凍すると Japanese.lngx があると思うので
KeePass の Languages に移動します。

アプリ側の設定は
View → Change Language... 選択。

KeePass_20200822_0002.jpg

Japanese があるので選択。

KeePass_20200822_0005.jpg

この画面になるので、
言語を切り替えていいですか?の問いなので はい 。

KeePass_20200822_0004.jpg

自動でアプリが再起動して日本語になります。

-----

上の URL が消えた、移動した場合は
KeePass の画面より

View → Change Language... 選択。

KeePass_20200822_0002.jpg

1.の Open Folder をクリックすると
日本語のファイルを入れるフォルダが開きます。

2.の Get More Languages... で日本語化ファイルを
ダウンロードするページがブラウザで開きます。
開くページは上と同じです。

KeePass_20200822_0003.jpg

【 目次へ戻る 】

保存するファイル、マスターパスワードを作成

ここからは登録作業をば。

ファイル → 新規 にて
パスワードを保管するファイルを作成します。

KeePass_20200822_0006.jpg

ファイル保存ダイアログが開きますので
好きな名前を入れてファイルを作成。

KeePass_20200822_0007.jpg

複合マスターキー、アプリを起動して
入力したデータにアクセスできるようにする
パスワードを登録します。

同じく、キーファイルという
このキーがないと同じく入力したデータに
アクセスできないファイルを作成可能です。
片方だけでも、両方でもいいです。

上級者向けオプションを表示にチェックすると以下の画面に。

KeePass_20200822_0008.jpg

キーファイルを作成する場合はチェックを入れてから
作成をクリック。

キーの保存場所を聞かれるので
任意の場所に、任意のファイル名で保存。

以下の画面になるので
ノイズ画像の部分の上でマウスを動かすか
右の入力部分に適当に文字を入力します。

矢印の部分が満タン、 256 ビット になったら
OK を押します。

KeePass_20200822_0009.jpg

画面が戻りますので、OKを押します。

最後、色々な設定ですので全部見ていって
設定をします、私は何もしないでOKを押しました。

KeePass_20200822_0010.jpg

緊急用シートの印刷画面が出ます。
印刷しておけば、今作成したキー情報を無くしても
復帰できる謎の文字列を印刷するものかと。

印刷の す る / しない は自由です。

【 目次へ戻る 】

パスワードの登録

外見はこのような風で見やすい。

KeePass_20200822_0011.jpg

左側でグループ ( フォルダを作って )
右側にグループの入っている情報 ( ファイル的な扱い )
と考えれば簡単。

パスワードの登録は
左のフォルダから選ぶか作成したものを選択してから
右の枠内で右クリック → エントリーの追加。

KeePass_20200822_0012.jpg

以下は、FC2 BLOG の登録方法として記載していきます。

ログイン FC2 - 無料ホームページ アクセス解析 ブログ
レンタルサーバー SEO 対策 等


右の枠内で右クリック → エントリーの追加 をするとこの画面。

・タイトル
サイトの名前、わかりやすいなら何でも。

・ユーザー名
ログインするユーザー名、またはメールアドレスを。

・パスワード ( ・・・をクリックすると入力した文字が読める )
ログインパスワード。

・URL
ログインする URL ページ。

KeePass_20200822_0013.jpg

以下は、ショートカットキーで
任意のページに自動で情報を貼り付けるです。
使用しない場合は、ここで終了。

ブラウザでログインページを開いて
今登録した赤枠の部分をブラウザの入力する場所へ
ドラッグすれば登録情報が勝手に入ります。

KeePass_20200822_0020.jpg

ショートカットキーで自動入力をする場合は、自動入力タブ。

・このエントリーで自動入力を有効にする
有効に。

・2つの自動入力で難読化する
メールアドレスやパスワードを入力する場合
文字を先頭から打っていくと情報を読み取られている場合は
そのまま読めるので、入力する文字をランダムに打ち込んでいく機能。
有効にしておき、問題があるなら外すがオススメ。

・追加
ショートカットキーが押されたら
どのウィンドウに、どの情報を打ち込むかを決める。

( 追加ボタンを押す前にログインする予定の
 ブラウザでログインページを開いておく )

KeePass_20200822_0014.jpg

この画面で、ショートカットキーが押されたら
どのウィンドウの画面へ貼り付けるかを設定。
( ログイン画面が違う、ページが違う場合は貼り付けない )

・対象のウィンドウ
右端の▼の部分をクリックすると
今起動しているアプリのタイトル名一覧が見られるので
あらかじめ開いておいたログインページを指定。

・カスタムキーストロークを使用
ログインページが以下としまして
ログイン FC2 - 無料ホームページ アクセス解析 ブログ
レンタルサーバー SEO 対策 等


KeePass_20200822_0017.jpg

入力部分が
メールアドレス{USERNAME} → パスワード{PASSWORD} →
ログインボタン → ログイン状態を維持{SPACE}

となっているので、以下のようになります。


{USERNAME}{TAB}{PASSWORD}{TAB}{TAB}{SPACE}{DELAY 900}{ENTER}{DELAY 600}{ENTER}


ログインボタンを {TAB} で飛ばし
ログイン状態を維持に{SPACE}でチェックを入れ
{ENTER}でログイン

{ENTER} が2つあるのは
ログイン状態を維持にのチェックをすると
確認ウィンドウが出るので、それを閉じるのに1回押す必要。

間の {DELAY 900} は 0.9 秒待機でダイアログ出現と閉じる時に
待機時間の余裕がないと {ENTER} キーが受け付けないので。

※数値はパソコンのスペックにより、もの凄くもっさりするの場合は 1500 程度あれば

KeePass_20200822_0015.jpg

今、追加したものが赤枠に入ります。

ログアウトするとメールアドレスが自動で入っていたり
パスワードの未入力だったりしますが
それも同じく追加しておきます。

面倒ですが、自動入力をするには仕方が無い。

KeePass_20200822_0016.jpg

ブラウザで、今登録したページへ行き

ログイン FC2 - 無料ホームページ アクセス解析 ブログ
レンタルサーバー SEO 対策 等


メールアドレス入力欄をマウスでクリックしてから
登録してあるショートカットキー Ctrl+Alt+A で
自動入力されます。

選択が複数ある場合は、この様に選択ダイアログが出まして
クリックすると自動で入ります。

上の設定では、1つしか設定していないのに
2つの選択がある?という風ですが
設定したデータのみを表示させる設定があります。

オススメ設定など にて。

KeePass_20200822_0018.jpg

【 目次へ戻る 】

入力フォームの文字を自動で消したい

ブラウザにログイン情報が残っていて
メールアドレスが入っていたりユーザーを切り替える場合は
入力されている情報を自分で消さねばなりません。

これでは自動化の意味がありませんので
自動で消します。

要は入力フォームで
全選択 ( Carl+A ) のあとに DELキー を押せばいいのですから
そのキーを自動登録の画面で指定すればよい。

押すキーの参考になるのは、このページ。
Auto-Type - KeePass

乗っていないキーは AutoHotkey 系の情報なら同じかもしれません。
一応 URL はここ、出来るか出来ないかは不明ですけれども、参考程度に。
ホットキー - AutoHotkeyJp

Ctrl キー が 「 ^ 」 、DEL キーが {DELETE} なので
上の FC2 のログイン設定例だと以下になる。


^a{DELETE}{USERNAME}{TAB}^a{DELETE}{PASSWORD}{TAB}{TAB}{SPACE}{DELAY 900}{ENTER}{DELAY 600}{ENTER}


メールアドレスとパスワードを入れる前に
Carl+A のあとに DELキー を押してからデータを貼り付け。

【 目次へ戻る 】

オススメ設定など

私の設定しているオススメ?設定。
指定が無い場合は設定デフォルト値で。

ツール → オプションにて

■セキュリティタブ 以下にチェック
・KeePass非アクティブ後以下の秒数経ったらワークスペースをロック(L):
・クリップボードを自動的にクリアする時間(秒)(C):

■インターフェース 以下にチェック
・最小化時にタスクバーに表示せずタスクトレーに格納する
・ワークスペースをrロックした後でメインウインドウを最小化します
・閉じるボタン([X])ではアプリケーションを終了せずにウインドウを最小化します
・データベースを変更していない場合は「保存」コマンドを無効にする
・グレーのトレーアイコンを使用

■総合タブ
・自動入力
もう少し押しやすいキーに変更した方がよい。
毎日押すので。

■高度タブ 以下にチェック
・最後に使用したデータベースを記憶して開始時に自動的に開きます
・複数起動しない
・データベースをロックまたは閉じる時に自動的に保存
・ウインドウを最小化、ワークスペースをロックして起動

■高度タブ 以下のチェックを外す
・タイトルが対象のウインドウタイトルに含まれていたらエントリーを一致させる
・URLが対象のウインドウタイトルに含まれていたらエントリーを一致させる
 有効にすると似たログインが候補として出る、邪魔ならOFFに

KeePass_20200822_0019.jpg

【 目次へ戻る 】

おまけ ファイル名は何でもいいのですよ?

おまけ情報~。

こういうパスワード管理のアプリは作成したファイルを
盗まれる可能性を低くしたい。

しかしながら拡張子 .kdbx や .key で検索すれば出るやないか!
という話なので

拡張子を含め、変更しても読み込めます。
というおまけ話。

もちろん、設定したファイルやキーファイルを
名前変更したら KeePass 起動して読み込む時に
読み込むファイルを設定し直しですけれども。

【 目次へ戻る 】

おまけ ひらがな入力モードを英字入力モードへ

KeePass の地味な弱点としまして
入力モードがひらがな状態だと
メールアドレス類がひらがな入力になるという問題。

他のサイトでは、{USERNAME} の前に無変換キーを
押せばという話ですが

私のパソコンは 無変換 を 半角/全角キーに設定していて
押せないんですよね、設定しても駄目だし。

そこで IME の入力モードを調べて
ひらがなモードなら 半角/全角キーを押せばええやないか!

作ったのが、これです。
URL がこのサイト FC2 ではなく Seesaa ですが
私のサイトですのでご安心を ( 誰も心配していない

Win10 IMEがONならOFF、OFFならONに切り替える IME_OFF_M10

IME_OFF_M10.exe を使用します。
FireFox / Chrome / vivaldi で動作確認。

{USERNAME} の前に以下を追加してください。


{CMD:/"R:\APL\IME_OFF_M10\IME_OFF_M10.exe"/W=1/}{DELAY 50}


何らかの理由で IME_OFF_M10.exe の起動後、 IME の状態を調べるを数秒遅らせる場合
※IME_OFF_M10.exe の機能です、200=2秒待機

他のアプリでパラメータを指定する場合も、以下の200の部分に入れればOK。


{CMD:/"R:\APL\IME_OFF_M10\IME_OFF_M10.exe" "200" /W=1/}{DELAY 50}


W=1 で起動するアプリが終了するまで待機
DELAY 50 で 50 ms 待つ

参考 URL は以下、少し読みづらいので難しい
( 私の英語理解力が低いだけなの、悲しい )

Placeholders - KeePass

設定時に赤字になるとエラー、どこかが間違っている具合
上のをコピペしてフォルダの位置だけ変更すれば、多分大丈夫。

入力フォームの文字を自動で消したい にて
設定している FC2 のログイン例ですと


{CMD:/"R:\APL\IME_OFF_M10\IME_OFF_M10.exe"/W=1/}{DELAY 50}^a{DELETE}{USERNAME}{TAB}^a{DELETE}{PASSWORD}{TAB}{TAB}{SPACE}{DELAY 900}{ENTER}{DELAY 600}{ENTER}


【 目次へ戻る 】

おまけ 指定のウィンドウで指定のメモやアプリを開く

指定のウィンドウで○○するができるのだから
指定のメモやアプリも呼び出そうが可能。

私の記事でよろしければ、以下に執筆しました。
もし興味がありましたらお飛びください。

KeePass の応用編 特定のウィンドウでメモやアプリを開く

【 目次へ戻る 】

おまけ チャタリング防止アプリと競合して不具合 ( 正常に出力できない ) が発生する

キーボードのチャタリングを修正するアプリ
KeyboardChatterBlocker などを入れていると

例としまして
@yahoo.co.jp が @yaho.co.jp となり oo が o になる場合がある。

それでは困るので、指定のアプリを起動している間は
KeyboardChatterBlocker の方の監視を無効にが可能です。

Win10 マウスのチャタリング ( 意図しないダブルクリック ) を防止
KeyboardChatterBlocker


以下の項目を参照。
・KeePass でメールアドレスやパスワードが正常に出力されない

KeyboardChatterBlocker を使用していない場合は関係ありません。

【 目次へ戻る 】

KeePassは低スペックPC、低速回線にオススメ

色々なパスワード管理のアプリや
ブラウザのアドオン ( 拡張機能 ) がある中で
KeePass がオススメという理由は以下です。

低スペックのパソコンや低速などの回線を使っていると
ブラウザのアドオン ( 拡張機能 ) は、強いて言えば LastPass ですが

入力フォームに メールアドレス / パスワード が
入っていたり、入っていなかったりする事はありませんか?

私の推測ですが
パソコンや通信の動作が遅いので
入力フォームを認識してデータを貼り付けるのに
タイミングが悪くて貼り付けられない。

こういう場合は KeePass の様に
自分でログインページの入力フォームが表示されるのを待ち
入力フォームをクリックしてから
ショートカットキーを押して貼り付けるので

画面の用意が整っていないのに、押しても意味が無いのですから
きちんと貼り付けられるのです。

もう、ログインページを再読込したり
右クリックしたり、アドオン ( 拡張機能 ) のアイコンを
クリックしたりしなくて済むのです。

そういう点から KeePass はとても便利。
ただ、アイコンをクリックして済むアドオン ( 貼り付けに失敗あり ) と
貼り付けの失敗はないが設定をするのに面倒。
( 設定次第でどのようなフォームでも対応可能 )

どちらが良いのかは、人それぞれですけれども。

-----

とまあ、こんな感じで KeePass の日本語化方法
設定方法、少々の工夫技でした。

フォームにマウスカーソルを合わせてクリックする
手間はあるけれどもキーボードショートカットでの
自動入力は便利、素早く簡単にログイン可能です。

他のアドオン ( 拡張機能 ) のように
ページを再読込させて情報を再入力したり
アイコンをクリックして再度入力の手間はありません。

とても便利、控えめに言っても
なぜ早く使用しなかったんだ!というレベル。
開発者の方々には足を向けて寝られない。

素晴らしいアプリを開発、公開なさっている方々に幸あれ!
と祈らざるを得ない。

それでは、皆様にもパスワードが簡単に入力して手間が減るよう
パスワード管理の神様にお祈りをいたしまして

これにて終了です。
以上。

おすすめリンク

Amazon / 楽天市場 / Yahoo! でお買い物をする。

関連リンク

Downloads - KeePass
Translations - KeePass
Auto-Type - KeePass
Placeholders - KeePass
ホットキー - AutoHotkeyJp
KeePass の応用編 特定のウィンドウでメモやアプリを開く
AutoIt Windowsの操作を自動化 使用方法/日本語化 ( HELPファイル )
KeePass 指定アプリのみユーザーやパスワードを自動入力、誤動作防止の設定方法
Win10 マウスのチャタリング ( 意図しないダブルクリック ) を防止
 KeyboardChatterBlocker

関連記事

コメント

非公開コメント

検索フォーム

最新記事

VeraCrypt 日本語化/使用方法/コンテナのマウント/アンマウントをバッチファイルで行う Sep 23, 2022
MouseGestureL.ahk で CTRL/Shift/ALT/Winキーが押されていれば待機/離されたら次の命令へ進む .ahk Sep 18, 2022
ファイルを選択しショートカットキーで日時を付加しコピー/リネーム/フルパス取得 Autoitスクリプト Sep 06, 2022
デスクトップでキー入力すると登録したアプリやフォルダを開く Autoit スクリプト Aug 30, 2022
ショートカットキーを押して文字反転/文字が選択されているテキストをファイルへ保存するスクリプト Aug 24, 2022
MouseGestureL.ahk で選択したファイル/フォルダのフルパスを取得しクリップボードへ送る Aug 22, 2022

バナー1

月別アーカイブ スクロール

全ての記事を表示する

2022年09月 (3)

2022年08月 (5)

2022年07月 (2)

2022年06月 (8)

2022年05月 (5)

2022年04月 (8)

2022年03月 (6)

2022年02月 (2)

2022年01月 (6)

2021年12月 (2)

2021年11月 (7)

2021年10月 (5)

2021年09月 (4)

2021年08月 (3)

2021年07月 (9)

2021年06月 (6)

2021年05月 (10)

2021年04月 (7)

2021年03月 (10)

2021年02月 (6)

2021年01月 (6)

2020年12月 (5)

2020年11月 (7)

2020年10月 (7)

2020年09月 (6)

2020年08月 (10)

2020年07月 (9)

2020年06月 (7)

2020年05月 (8)

2020年04月 (4)

2020年03月 (5)

2020年02月 (7)

2020年01月 (5)

2019年08月 (4)

2019年07月 (14)

2019年06月 (14)

2019年05月 (17)

2019年04月 (14)

2019年03月 (5)

2018年02月 (1)

2017年08月 (1)

2017年06月 (1)

2017年05月 (1)

2017年03月 (4)

2017年01月 (2)

2016年12月 (4)

2016年11月 (2)

2016年10月 (2)

2016年09月 (2)

2016年08月 (2)

2016年07月 (3)

2016年06月 (3)

2016年05月 (2)

2016年04月 (5)

2016年03月 (9)

2016年02月 (6)

2016年01月 (5)

2015年12月 (8)

2015年11月 (4)

2015年10月 (11)

2015年09月 (6)

2014年03月 (18)

2014年02月 (28)

2014年01月 (31)

2013年12月 (31)

2013年11月 (19)

2013年10月 (17)

2013年09月 (9)

2013年08月 (10)

2013年07月 (12)

2013年06月 (10)

2013年05月 (22)

2013年04月 (3)

2011年03月 (1)

2011年02月 (2)

2010年11月 (1)

2010年09月 (1)

2010年08月 (1)

2010年07月 (9)

2010年06月 (6)

2010年05月 (19)

2010年04月 (23)

2010年03月 (28)

2010年02月 (23)

2010年01月 (17)

2009年12月 (19)

2009年11月 (25)

2009年10月 (28)

2009年09月 (28)

2009年08月 (20)

2009年07月 (19)

2009年06月 (20)

2009年05月 (16)

2009年04月 (18)

2009年03月 (15)

2009年02月 (14)

2009年01月 (7)

2008年12月 (3)

2008年11月 (5)

2008年10月 (4)

2008年09月 (4)

2008年08月 (3)

2008年07月 (3)

2008年06月 (4)

2008年05月 (2)

2008年04月 (1)

2008年01月 (1)

2007年12月 (1)

2007年11月 (3)

2007年09月 (2)

2007年07月 (1)

2007年02月 (1)

2006年11月 (1)

2006年09月 (1)

2006年08月 (1)

2006年07月 (5)

バナー2

バナー3




プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここを参照するか ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

気ままの簡易レビューは amazon.co.jp を宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを 目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである Amazonアソシエイト・プログラム の参加者です。

プロフィール

・このブログの管理者:気ままさん
・性別:男
・年齢:40代
・性格:プログラミング的思考
    スキゾイド傾向
    去る者は追わず、来る者は拒まず

・趣味:読書
    パソコンを快適にする設定を
    探しにWeb旅行
    得た知識でブログの執筆

・一言:
どうも、気ままさんと申します。
需要のあるなしは関係なく私が気に入った
役に立った事を書いており必要な方が
好きに観覧して頂ければ。
しがないブログではありますが
何かのお役に立てれば。