アプリ簡易レビュー

Macrium Reflectで新品HDDへクローン、データ移行 ( OS含む )

商品リンクをクリックし通販サイトへ飛ぶ物は 「 広告 」のリンクです。


はじめに

このブログ記事を書いている
ノートパソコンの HDD が不調なので新品の HDD を購入した。

OS のデータを移行するのに Macrium Reflect を使用したら
とても素早く移行が終了したのでブログネタ。
※コピー速度ではなく、手間がないの意味

*** ご注意 ***

このブログに書いてある事の実行は
自己責任にてお願いいたします。

このブログの管理者 気ままさん は
記事に書いてあることを実行して発生した
すべての事柄において責任を負いません。

これに同意をいただけない方への
このブログに書いてある事の実行は許可いたしかねます。

【 目次へ戻る 】

Macrium Reflect を用意

それでは、以降に必要なアプリ
Macrium Reflect をダウンロードします。

ここより Home Use からダウンローダーを落とし
実行して指定のフォルダに本体を落とし、それを実行の流れ。

Macrium Software | Macrium Reflect Free

Home とありますが落ちるのは Free です。
何でやねん!と突っ込みたくなりますが問題なし。

※2020/12/08 の時点のダウンローダーにて確認
 ReflectDLHF.exe (1789FFB48EE078854C977A054CD86FF0)

通常は英語です、昔のバージョンのみ日本語化が可能ですが
ちょっとした公式パッチを入れないと動きません。

Macrium Reflect v7.1 日本語化
日本語レスキューメディア作成/ブートメニュー追加


英語のままでも、このページの画像を見ればわかります。
ただ、画面は英語なので不安になったり
エラーが出た場合は地獄です?

【 目次へ戻る 】

用意するもの、ハード

ここは、HDDをクローン、OSのデータをコピーするのに
必要な商品を書きます。
手持ちがあるよ!という場合は飛ばしてください。

HDD の OS データを含め新しい HDD へコピー ( クローン ) する場合
当然ながら新しい HDD を購入する必要があります。

HDD のみならず SSD でも同じですが、サイズがあります。
デスクトップパソコン ( 大きい箱の様なパソコン ) なら
3.5インチ の物を。

内蔵 HDD SSD 3.5インチ
Amazon / 楽天市場 / Yahoo!

ノートパソコンであれば 2.5インチ です。

内蔵 HDD SSD 2.5インチ
Amazon / 楽天市場 / Yahoo!

あまり詳しくない方は、以下のアプリを入れて実行すると
自分のパソコンに搭載されている品番が表示されるので
Google で調べれば 3.5 / 2.5 かは判別可能。

インターフェイスと対応転送モードなども同じ物が安心です。
SATA/300 しか対応していないのに SATA/600 を購入したりすると
動かないかもしれませんので。
入れたことがないので私にはわかりませんけれども。

CrystalDiskInfo の評価・使い方 - フリーソフト100

私は今回 HDD 2.5インチ 500GB の以下を購入。

東芝 MQ01ABF050 HDD 2.5インチ 500GB
Amazon / 楽天市場 / Yahoo!

MQ01ACF050_20201208_001.jpg

MQ01ACF050_20201208_002.jpg

デスクトップパソコンは、そのままネジで取り付けて
ケーブル接続すればケースは不要ですが
※取り付ける空き場所が必要

ノートパソコンの方で
HDD / SSD が2個入る機種 ( あるのかな? ) でない限りは
データをクローンコピーするなら外付けのケースを購入する必要があります。

※手持ちに他の機器があり面倒なことをするのが楽しいのであれば
 なくても可能な気がしますけれど

内蔵 HDD / SSD という物は、ケースがなくむき出しままで
そのままでは使えないのでケースが必要。

私が愛用しているのは以下で現在3台持っています。
コピーしていて速度が遅くなるなどはなく安定。

センチュリー MOBILE BOX USB3.0接続 SATA6G CMB25U3RD6G
Amazon / 楽天市場 / Yahoo!

簡易レビュー。
センチュリー MOBILE BOX USB 接続 SATA6G CMB25U3BK6G HDDケース リピート購入。

画像はこの様に、取り付けは工具不要で差し込むだけ。

Century_HDD_CMB25U3BL6G_20201208_001.jpg

Century_HDD_CMB25U3BL6G_20201208_002.jpg

Century_HDD_CMB25U3BL6G_20201208_003.jpg

注意としましては、ケーブルが短いので
USBの延長ケーブルが必要なのと

パソコンへ差し込む場合 USB 2.0 の方は
電力が足りないので必ず本体へ直接接続しなくては動きません。

USBハブへ接続したいなら、
この様なコンセントで電力を補う必要があります。

エレコム ハブ ACアダプタ U2H-TZ410SBK
Amazon / 楽天市場 / Yahoo!

簡易レビュー。
エレコム USBハブ ACアダプタ付 セルフ/バス対応 U2H-TZ410SBK を購入。

USB 3.0 へ接続するのであれば問題なし。
※パソコン/ハブ/USBケーブルが全て USB 3.0 対応の必要

【 目次へ戻る 】

Macrium Reflect にてクローン

上のアプリと HDD / SSD と ケースを用意したら
Macrium Reflect にてクローンを作ります。

用意した HDD / SSD をパソコンに刺しておきます。
新品の場合は、領域などが設定されていませんので
通常では設定するのですが、何もしなくてよし。

HDD / SSD を外付けケースに入れる → パソコンに刺すでOK。
※領域が設定されていないのでパソコンで D:\ 等とは出ない

Macrium Reflect を起動します。
パックアップタブ → ディスクをクローン。

Macrium_Reflect_20201208_0001.jpg

下のコピー先の部分、クローン先ディスクの選択にて
購入した HDD / SSD を選択。

※複数台繋いでいる場合、間違えると全データが消えます

Macrium_Reflect_20201208_0002.jpg

上のコピー元で、パーティションが分かれている場合 ( 1~3 )
コピーする物にチェック。

※ C:\ は勿論、多くは FAT32 となっている
 数百MBの部分も必ずチェック、ここがないと Windows が起動しません

4のパーティションをコピーをクリックで
コピー先にチェックした物が入ります。

HDD / SSD の容量の違いにより
パーティションの容量を増減したい場合は
下のコピー先の増減したいパーティションをクリックしてから
5のクローン下パーティションのプロパティをクリック。

Macrium_Reflect_20201208_0003.jpg

必要ならドライブレターを変更
( 今まで使っていた様に、データ置き場が D:\ なら D: に )

パーティションサイズにてサイズの変更。
2の MB / GB は必ず確認、通常なら GB 。

Macrium_Reflect_20201208_0004.jpg

後は 次へ をクリックして何も触らず進めていけば
勝手にコピーします。

HDD の容量などで時間は変化しますので
気長に待ちましょう。

【 目次へ戻る 】

コピーが終了したら HDD を入れ替える

コピーが終了したら古い HDD / SSD を
パソコンから取り出して入れ替えます。

必ずパソコンの電源を切って、コンセントを抜いてから。
ノートパソコンの場合はバッテリーも。

通電したまま抜くと、最悪 HDD / SSD が故障します。
新しい物を刺した場合も同じく最悪故障します。

交換し、電源ボタンを入れて OS が起動したら成功。

【 目次へ戻る 】

ドライブ名が変 ( ドライブレターの変更 )

OS をクローンしてのあるあるは
データを置いていた場所が D:\ だったのに E:\ になった。
という場合があります。

以下は必ず作業していたデータを保存してから実行します。
独特のファイル呼び出し方法、またはセキュリティなど
OS へ深く食い込んでいるドライブレターを変更すると
最悪、ブルースクリーンが出る場合がある為。

修正方法はキーボードの Win+Rキー 同時押しで出たウィンドウに
DISKMGMT.MSC と入力し Enter キー。

変更したいドライブを選択 →
右クリック → ドライブ文字とパスの変更

DISKMGMT_20201208_0001.jpg

上に表示されているドライブ名を確認し、変更 をクリック。
割り当てたいドライブを選択してOK。

DISKMGMT_20201208_0002.jpg

ちなみに、一覧に設定するドライブ名がない場合は
ほかのドライブが使用しているので
ほかのドライブを変更してからの変更になります。

ドライブ名をすべて変更したら、「 必ず 」
Windows を再起動してください。

そのまま使用するとアプリの原因により
ブルースクリーンが出る場合があります。

-----

とまあ、こんな感じで
OS やその他のデータをクローンしましょうでした。

私の場合では 500GB を半日程度でコピーし終わり
入れ替えるだけで当日に移行完了。
何も問題なくこのブログ記事を書いている。

それでは、とても素晴らしいアプリ
Macrium Reflect に感謝をいたしまして、これにて終了。

以上。

この記事で紹介している商品はこちら

・内蔵 HDD SSD 3.5インチ を
 Amazon / 楽天市場 / Yahoo! で検索する。
・内蔵 HDD SSD 2.5インチ を
 Amazon / 楽天市場 / Yahoo! で検索する。
・東芝 MQ01ABF050 HDD 2.5インチ 500GB を
 Amazon / 楽天市場 / Yahoo! で検索する。
・センチュリー MOBILE BOX USB3.0接続 SATA6G CMB25U3RD6G を
 Amazon / 楽天市場 / Yahoo! で検索する。
・エレコム ハブ ACアダプタ U2H-TZ410SBK を
 Amazon / 楽天市場 / Yahoo! で検索する。


関連リンク

Macrium Reflect v7.1 日本語化
 日本語レスキューメディア作成/ブートメニュー追加

センチュリー MOBILE BOX USB 接続 SATA6G CMB25U3BK6G HDDケース リピート購入。
ZENKE 63in1精密ドライバーセットでHDDを分解して捨てよう。
長時間使用してもド安定な USB 3.0 ケーブル
 HDD 外付けケース 2.5インチ を購入。

ダメ元で不良セクタがあるHDDをローレベルフォーマットして復活を試みる
関連記事

コメント

コメントがありません。

トラックバック