アプリ簡易レビュー

ダメ元で不良セクタがあるHDDをローレベルフォーマットして復活を試みる

商品リンクをクリックし通販サイトへ飛ぶ物は 「 広告 」のリンクです。


はじめに

休止からの復帰が失敗しまくるので
HDD の健康を以下のアプリにて調べたら " 注意 " と出る。

「CrystalDiskInfo」HDD/SSDの健康状態をチェック - 窓の杜

" 不良セクタ " が何個かあるよう。
簡単に言えば、データの書き込みに不具合があるよという物。

これらは、 HDD のデータを全て消し去る
" ローレベルフォーマット " という全上書きをすれば直る場合がある。

あくまでデータ部分の異常であり、部品の異常であれば意味がない。

【 目次へ戻る 】

HDD LLF Low Level Format Tool を入手

それでは Windows 上でローレベルフォーマットを行うアプリを入手。

HDDGURU: HDD LLF Low Level Format Tool

有料ですがフリーで使用可能。
フリーでは書き込み速度に制限がかかり
50MB/s より上は出なくなる。

500GB USB 3.0 接続で半日で終了したので
そんなに問題はないかも?

インストールしておきます。

【 目次へ戻る 】

フォーマット前の注意

当然でありますがローレベルフォーマットという名の通り
フォーマットする、であり HDD のデータがすべて消えます。
必要なデータのバックアップを忘れずに。

HDD は内蔵ならそのままでいいのですが
OS の入っている HDD を行う場合でこのアプリを使用する場合は

別 HDD に OS をコピーするなどしてから 別 HDD で Windows を起動するので
別 HDD が必要、ノートパソコンなら外付けHDDケースなどが必要。

1つのハードディスクでパーティションを分けていて
OS の部分だけ ( C:\ ) をフォーマットとして
D:\ は無事に、という事は不可です。

1個の HDD 全部のデータすべてが消えます。
パーティションの切り分けあるなしは関係なく全部。
OS の移行などは私の記事でよければ。

Macrium Reflectで新品HDDへクローン、データ移行 ( OS含む )

長時間使用してもド安定な USB 3.0 ケーブル
HDD 外付けケース 2.5インチ を購入。


【 目次へ戻る 】

パーティションが分かれている場合は戻す

ここは、必要かどうかは不明で、私は実行したというだけ。
やらないで上手く出来ないな?となったら実行してください。

ディスクの管理を呼び出します。
Win + Rキー同時押しで出たウィンドウに以下を入れ Enter キー。

DISKMGMT.MSC

消す HDD を選択して右クリックして
ボリュームの削除を選択。

この作業をした時点で HDD のデータが消えます。
消すものでない違う HDD を選択しないように。

HDD_LLF_Low_Level_Format_Tool_20201216_0005.jpg

*** ご注意 ***

このブログに書いてある事の実行は
自己責任にてお願いいたします。

このブログの管理者 気ままさん は
記事に書いてあることを実行して発生した
すべての事柄において責任を負いません。

これに同意をいただけない方への
このブログに書いてある事の実行は許可いたしかねます。

【 目次へ戻る 】

ローレベルフォーマットの実行

それでは、HDD のデータを消して
ローレベルフォーマットをします。

繰り返しになりますが選択した HDD のデータ全てが消えますので
( 1個の HDD でパーティションを分割していても、それらも消えます )
ご注意ください。

HDD LLF Low Level Format Tool を起動します。
Agree を選択。

HDD_LLF_Low_Level_Format_Tool_20201216_0001.jpg

フリー版で使用する場合は Continue for free を選択。

HDD_LLF_Low_Level_Format_Tool_20201216_0002.jpg

消す HDD を選択、この画面では1つですが
必ず2つはあるはずです。

Continue >>> を選択。

HDD_LLF_Low_Level_Format_Tool_20201216_0003.jpg

LOW-LEVEL FORMAT タブを選択して
一番下の FORMAT THIS DEVICE ボタン。

HDD_LLF_Low_Level_Format_Tool_20201216_0004.jpg

USB 3.0 ですと 50MB/s 制限がかかります。
フリーで使用 ( 無料 ) の場合は、500GB で半日程度でした。

HDD_LLF_Low_Level_Format_Tool_201215_002.jpg

ちなみに、USB 2.0 だと 1.5MB/s で 500GB なら
数日かかるので、オススメはパソコン本体に接続するか
USB 3.0 接続が可能なパソコンで行う。

-----

とまあ、こんな感じで
HDD をローレベルフォーマットして
HDD の状態をクリーンにしようでした。

ちなみにフォーマットした HDD は状態が " 正常 " に戻りました。
データの保管庫として活躍するため、今現在データ書き込んでいるので
画像なりは貼れませんが ( ご容赦を )

それでは、皆様の HDD の 不良セクタが
ローレベルフォーマットで全て消えますよう
HDD の神様にお願いをいたしまして、これにて終了です。

以上。

この記事で紹介している商品はこちら

Amazon / 楽天市場 / Yahoo! でお買い物をする。

関連リンク

「CrystalDiskInfo」HDD/SSDの健康状態をチェック
HDDGURU: HDD LLF Low Level Format Tool
Macrium Reflectで新品HDDへクローン、データ移行 ( OS含む )
長時間使用してもド安定な USB 3.0 ケーブル
 HDD 外付けケース 2.5インチ を購入。


関連記事

コメント

コメントがありません。

トラックバック