気ままの簡易レビュー

[ トップページへ ]



自分が実際触って判断した Win /アプリの設定、商品の簡易レビューがメイン。



0

MouseGestureL.ahk 指定座標をホイール回転+Ctrl/Shiftキーでアプリを起動

商品リンクをクリックし通販サイトへ飛ぶ物は 「 広告 」のリンクです。



はじめに

皆様は Windows でマウスジェスチャーを使用していますか?
私は MouseGestureL.ahk というアプリを使用しています。

ブログなどを執筆していると
特定のアプリを繰り返し起動したり閉じたりするので
( 開いておけばいいのにっていう )

デスクトップ上の指定座標でマウスホイールを
上回転ならメモ帳、下回転なら画像加工アプリなど
割り当て呼び出せば便利だな?と思ったので
設定のブログネタです。

ホイールを回転と CTRL / Shift キーを押している
押していない判定を組み合わせる事で
デスクトップ4隅を利用するとして
4×6通りの操作を実現します。

【 目次へ戻る 】

アプリの入手と下準備

この記事では MouseGestureL.ahk という
アプリの設定ですので入手しなくてはなりません。

以下のサイトにて入手可能。
インストールは解凍して Setup.vbs です。

MouseGestureL.ahk

標準では、ホイール取得の設定がされておりません。
自分で設定しなくてはならないので
私の記事でよければ設定方法を。

・MouseGestureL.ahk ホイール設定 の設定を済ませます。

【設定】デスクトップをホイール上下し画面の明るさを変更
MouseGestureL.ahk と f.lux 使用


ちなみに、この記事は上で書いてある事の
座標と組み合わせキーが変わっただけです。

設定が終わりましたら以下より設定を。

【 目次へ戻る 】

設定

それでは、MouseGestureL.ahk の指定座標にて
ホイール上下回転で○○するを。

MouseGestureL.ahk の設定画面を出し

1.ターゲットタブ
2.+か 右クリック → 新規ターゲット
3.作成したターゲットの名前を変更 ( デスクトップと命名 )
4.判定条件を追加

  ウィンドウクラス ( 正規表現 ) :WorkerW|Progman
  実行ファイル名 ( 完全一致 ) :explorer.exe

デスクトップのアプリ名 explorer.exe のみで指定すると
フォルダのウィンドウも動作するため
WorkerW と Progman というウィンドウクラス名の
どちらかがあれば動作の指定 間の記号 | はどちらかの意味

5.ターゲットルールを 全てに一致
6.追加ボタン

ここは、通常のデスクトップで
動作したいのジェスチャーを登録する箇所。
デスクトップ全体のどこかでジェスチャーしたら○○する。

これを作っておかないと
後々の設定を加えるとゴチャゴチャになります。

MouseGestureL_desktop_20210320_0001.jpg

次はデスクトップ右上の端で○○したらの設定
( SHIFT / CTRL キーを押していない場合 )

1.上で作成したデスクトップを必ず左クリックして
  右クリック → サブターゲット を選択
2.名前を変更 ( 右上と命名 )

3.判定条件を追加
  ウィンドウクラス ( 正規表現 ) :WorkerW|Progman
  実行ファイル名 ( 完全一致 ) :explorer.exe

  種別:カスタム条件式 → 入力補助ボタン →
  キーボード状態 → Shiftキー非押し下げ → 追加

  同じく
  キーボード状態 → Ctrlキー非押し下げ → 追加

  SHIFT / CTRL キーを押していない場合のみ
  ( 非押し下げ ) 動作するよの意味

4.全てに一致 / 親ターゲットの条件を継承しないにチェック

MouseGestureL_desktop_20210320_0002.jpg

次は座標の指定をします。
デスクトップの右上の端 横60 / 縦60 の範囲
( アイコンの大きさ程度 ) でホイールしたら。

種別:カスタム条件式 → 入力補助ボタン →
矩形領域判定 → ウィンドウ相対座標 を選択

選択するとマウスカーソルの右下に
ドラッグして領域を選択 という文字が出るので
デスクトップの右上の端を " 右上から左下 " へドラッグ。

MouseGestureL_desktop_20210320_0003.jpg

この様なウィンドウが出るので

1.基準コーナーを 右上 に ( 右上を登録する場合 )
  右下を登録するなら 右下などに合わせる

2.先頭から -59 / -1 / 61 / 61 と入れます。
  先ほどの範囲指定の色が変化するので調節。
  ( 変化しなかったら入力欄の ▼▲ をクリック )

  デスクトップの右上の端を 横0、縦0として
  開始位置:横 -59 / 開始位置:縦 -1 / 範囲:横 61 / 範囲:縦 61

  範囲 60 なのに 開始位置が 1ずつ引かれて、こうしないのは
  ( 開始位置:横 -60 / 開始位置:縦 0 / 範囲:横 60 / 範囲:縦 60 )

  マウスカーソルがピッタリ右上の端にある場合は
  MouseX (値:0 ) < 0 で以下ではなく未満判定なので
  ピッタリ右上の端では認識されないので -1 にします。

  ※右下の場合は基準コーナーを右下で
   -59 / -59 / 61 / 61 になります

3.OKで閉じます。

MouseGestureL_desktop_20210320_0004.jpg

先ほど作成したカスタム条件が値に入っているので
確認して 追加。

MouseGestureL_desktop_20210320_0005.jpg

ここが肝心です、動かない場合は大抵ここ。
今作成したカスタムの座標を 親のターゲットで不一致指定で登録。

これは、デスクトップを動作させる親と座標指定で動く子が
バッティングすると、親の方を優先するため
同じ座標を指定しないといくら設定しても動きません。

1.デスクトップと命名した親を選択して、カスタム条件式にて
  今作成した座標をコピペし " 必ず 不一致 " で追加。

MouseGestureL_desktop_20210320_0006.jpg

最後に、今指定した範囲でホイールの上か下かを回転したら
○○するの設定。

1.メインタブ
2.ターゲットを選択 ( デスクトップ → 右上 )
3.ジェスチャーを追加
4.アプリの入手と下準備 で設定したホイール設定

MouseGestureL_desktop_20210320_0008.jpg

1.登録するジェスチャーをクリック
2.やりたい事 ( アプリを起動するなど ) を選択して追加
3.アクションスクリプトに追加されるので確認
4.アクションを適用

画像のように場合により以下を追加。

;冒頭に理由がない限りは入れた方がよい
;ジェスチャーの認識を打ち切る
MG_Abort()

;プログラムを起動
MG_RunAsUser("ここに起動するアプリのフルパスとファイル名", "", "")

;起動したら音を鳴らすなど ( ファイルは自分で用意 )
;サウンドを再生
SoundPlay, D:\APL\MouseGestureL\wav\Alarm3.wav

;ホイール回転を認識したら範囲外へマウスカーソルを逃がす
;同じ箇所でホイール回していると重複起動する為
;横、縦の順で 60 は右/下へ -60 は左/上へ
;右端では左へ移動なのでマイナス、左端では右へ移動なのでプラス
;現在位置から横を -60 縦を -60 カーソル移動
MG_Move(-60, -60, 2, 0)

;重複起動の可能性を減らすなら入れる ( 1000=1秒 )
;時間待ち
Sleep, 2000

MouseGestureL_desktop_20210320_0009.jpg

設定が全部終わったら、必ず OK を押す事。
キャンセル を押すと設定が保存されない。

-----

同じ設定で SHIFT / CTRL キー を押して認識の場合は
同じくデスクトップの設定にサブターゲットを作り同じ設定にして
ターゲットの部分に以下を追加。

同じ設定を入力するのは疲れるので
先ほど作った 右上 のサブターゲットを右クリックして 複製。

カスタム条件式 SHIFT / CTRL の設定を消し ( 右の × で消す )
( 複製したものは " 非押し下げ " 押してない場合の判定なので消す )

1.カスタム条件式 → 入力補助ボタン →
  キーボード状態 → Shiftキー押し下げ → 追加

押している場合の設定を追加する。

2.同じ座標を使用なら座標もコピペ。
3.座標が違うなら親の設定 ( デスクトップ ) に座標除外登録

MouseGestureL_desktop_20210320_0007.jpg

今のは Shift の例であり Ctrl も複製して同じ流れで。

Alt キーも登録できるような項目があるが
私は試していないので。

これにて設定は終了です。
デスクトップでマウスをホイール上下で指定動作が可能。

【 目次へ戻る 】

応用

上で指定座標をマウスホイール上下で○○ですが

Windows のキャプチャーボタンを指定すれば
ホイール上回転で通常キャプチャー

;キー操作を発生させる
Send, {PrintScreen}

下回転で領域スクリーンショット

;キー操作を発生させる Winキー+Shift+Sキー
Send, #+s

的な事も可能。
ちなみに動作しても見た目にはわからないので
上に書いた音を鳴らすと便利です。

-----

とまあ、こんな感じで
MouseGestureL.ahk を使用して色々としようでした。

マウスの範囲設定さえマスターしてしまえば応用は可能。
ただ、色々と設定するのはいいとして
その設定を忘れるという、私はポンコツ。

それでは、皆様に Windows の操作が快適になりますようにと
パソコンの神様にお願いをいたしまして、これにて終了です。

以上。

おすすめリンク

Amazon / 楽天市場 / Yahoo! でお買い物をする。

関連リンク

Win10 特定アプリのショートカットキーを任意の動作/無効に MouseGestureL.ahk
MouseGestureL.ahk 閉じるボタン座標でホイールクリックしアプリを強制終了
MouseGestureL.ahk 文字の変換候補をホイール上下で移動し確定 ATOK ( IME )
MouseGestureL.ahk Shift+ホイールでタブ自体を移動 FireFox Vivaldi
MouseGestureL.ahk のアップデートをしたら起動できないを修正。
Win10 Youtube ピクチャーモードをマウスホイールで進む戻る MouseGestureL.ahk
FireFoxで新しいタブを任意のページで開く ( MouseGestureL.ahk 使用 )
MouseGestureL.ahk ホイールクリック+上下で選択文字をコピペ FireFox
MouseGestureL.ahk 指定のアプリ上でホイールクリックし強制終了
MouseGestureL.ahk でYoutube観覧中にホイールで進む戻るを実現。
【設定】デスクトップをホイール上下し画面の明るさを変更
 MouseGestureL.ahk と f.lux 使用

MouseGestureL.ahk 指定範囲の座標でマウスジェスチャーを認識の設定。
MouseGestureL.ahk 1回のジェスチャーで複数ジェスチャーが認識される 改善
ブラウザ 開いているページのタイトルとURLをテキストに書き出す MouseGestureL.ahk
ブラウザ 開いているページの観覧履歴を日付毎に書き出す MouseGestureL.ahk
MouseGestureL.ahk で選択したファイル/フォルダの
 フルパスを取得しクリップボードへ送る

MouseGestureL.ahk で CTRL/Shift/ALT/Winキーが押されていれば待機
 離されたら次の命令へ進む .ahk

関連記事

コメント

非公開コメント

検索フォーム

最新記事

FireFox v105 ツイッターなどのページでスクロールが引っかかるを改善 Sep 26, 2022
VeraCrypt 日本語化/使用方法/コンテナのマウント/アンマウントをバッチファイルで行う Sep 23, 2022
MouseGestureL.ahk で CTRL/Shift/ALT/Winキーが押されていれば待機/離されたら次の命令へ進む .ahk Sep 18, 2022
ファイルを選択しショートカットキーで日時を付加しコピー/リネーム/フルパス取得 Autoitスクリプト Sep 06, 2022
デスクトップでキー入力すると登録したアプリやフォルダを開く Autoit スクリプト Aug 30, 2022
ショートカットキーを押して文字反転/文字が選択されているテキストをファイルへ保存するスクリプト Aug 24, 2022

バナー1

月別アーカイブ スクロール

全ての記事を表示する

2022年09月 (4)

2022年08月 (5)

2022年07月 (2)

2022年06月 (8)

2022年05月 (5)

2022年04月 (8)

2022年03月 (6)

2022年02月 (2)

2022年01月 (6)

2021年12月 (2)

2021年11月 (7)

2021年10月 (5)

2021年09月 (4)

2021年08月 (3)

2021年07月 (9)

2021年06月 (6)

2021年05月 (10)

2021年04月 (7)

2021年03月 (10)

2021年02月 (6)

2021年01月 (6)

2020年12月 (5)

2020年11月 (7)

2020年10月 (7)

2020年09月 (6)

2020年08月 (10)

2020年07月 (9)

2020年06月 (7)

2020年05月 (8)

2020年04月 (4)

2020年03月 (5)

2020年02月 (7)

2020年01月 (5)

2019年08月 (4)

2019年07月 (14)

2019年06月 (14)

2019年05月 (17)

2019年04月 (14)

2019年03月 (5)

2018年02月 (1)

2017年08月 (1)

2017年06月 (1)

2017年05月 (1)

2017年03月 (4)

2017年01月 (2)

2016年12月 (4)

2016年11月 (2)

2016年10月 (2)

2016年09月 (2)

2016年08月 (2)

2016年07月 (3)

2016年06月 (3)

2016年05月 (2)

2016年04月 (5)

2016年03月 (9)

2016年02月 (6)

2016年01月 (5)

2015年12月 (8)

2015年11月 (4)

2015年10月 (11)

2015年09月 (6)

2014年03月 (18)

2014年02月 (28)

2014年01月 (31)

2013年12月 (31)

2013年11月 (19)

2013年10月 (17)

2013年09月 (9)

2013年08月 (10)

2013年07月 (12)

2013年06月 (10)

2013年05月 (22)

2013年04月 (3)

2011年03月 (1)

2011年02月 (2)

2010年11月 (1)

2010年09月 (1)

2010年08月 (1)

2010年07月 (9)

2010年06月 (6)

2010年05月 (19)

2010年04月 (23)

2010年03月 (28)

2010年02月 (23)

2010年01月 (17)

2009年12月 (19)

2009年11月 (25)

2009年10月 (28)

2009年09月 (28)

2009年08月 (20)

2009年07月 (19)

2009年06月 (20)

2009年05月 (16)

2009年04月 (18)

2009年03月 (15)

2009年02月 (14)

2009年01月 (7)

2008年12月 (3)

2008年11月 (5)

2008年10月 (4)

2008年09月 (4)

2008年08月 (3)

2008年07月 (3)

2008年06月 (4)

2008年05月 (2)

2008年04月 (1)

2008年01月 (1)

2007年12月 (1)

2007年11月 (3)

2007年09月 (2)

2007年07月 (1)

2007年02月 (1)

2006年11月 (1)

2006年09月 (1)

2006年08月 (1)

2006年07月 (5)

バナー2

バナー3




プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここを参照するか ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

気ままの簡易レビューは amazon.co.jp を宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを 目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである Amazonアソシエイト・プログラム の参加者です。

プロフィール

・このブログの管理者:気ままさん
・性別:男
・年齢:40代
・性格:プログラミング的思考
    スキゾイド傾向
    去る者は追わず、来る者は拒まず

・趣味:読書
    パソコンを快適にする設定を
    探しにWeb旅行
    得た知識でブログの執筆

・一言:
どうも、気ままさんと申します。
需要のあるなしは関係なく私が気に入った
役に立った事を書いており必要な方が
好きに観覧して頂ければ。
しがないブログではありますが
何かのお役に立てれば。